DeNAトラベル 法人デスクブログ

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

2017年03月15日

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

はじめてのヨーロッパ出張!ドキドキとワクワクが入り混じった複雑な気持ちで準備に取り掛かっている方も多いのではないでしょうか。今回は「これから、はじめてヨーロッパに行く」という方のために、トラブルに遭うことなく快適に出張を終えるために気を付けていただきたいポイントを6つお伝えします。

●ホテルのアメニティに注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

至れり尽くせりの日本のビジネスホテルでは、シャンプーやコンディショナー、石鹸はもちろん、使い捨ての歯ブラシやカミソリやボディータオル、化粧水までアメニティとして無料でもらえるところも珍しくありませんが、ヨーロッパのホテルではここまで充実しているケースは大変稀です。

ほとんどのホテルではシャンプーとコンディショナー、石鹸程度は無料で用意されていますが、一般的にそれ以外のものは用意されていないものと考えておいた方が無難でしょう。少々荷物になってしまいますが、現地で探す手間を省きたいのであれば、事前にホテルのアメニティ事情を確認してから、足りないものは日本からトラベルサイズのものを用意して行かれることをおすすめします。

また、日本のホテルではアメニティとしてスリッパも用意されていることが多いですが、ヨーロッパでは一部の5つ星ホテルを除きないところがほとんど。そのためお部屋でリラックスタイムを過ごすために、折り畳みスリッパを持って行きましょう。別に持って行くのを忘れたからと言って困るものでもありませんが、これひとつあるだけでお部屋でのリラックス度がグッと上がりますよ!

●ホテルのバスルームに注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

ホテル選びの際は料金や立地も大切なポイントですが、ヨーロッパ出張の際はもうひとつ確認しておきたいことがあります。それは、客室にバスタブが備わっているか否かという点。ヨーロッパのホテルは、客室にバスタブがなくシャワーだけというところも珍しくないため要注意です。3日くらいまでなら耐えられるかもしれませんが、長期の滞在となると毎日シャワーだけのバスタイムはかなり辛いもの。慣れない環境で疲れた体と心をほぐしてあげるためにも、やはりバスタブにゆったりと浸かりたいですよね。バスタブ付きの部屋を希望する場合は、予約の際に必ずバスタブの有無のチェックをお忘れなく。

●気温の急な変化に注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

夏でも、朝晩の気温の変化が激しいヨーロッパ。「昼間は汗をかくぐらい暑かったのに、日が沈んでから急に肌寒くなった」なんてことも珍しくありません。冬は万全の防寒対策をして出発されると思いますが、それ以外の季節でもヨーロッパ出張の際は、万が一に備えて上着やストールなどを用意して行きましょう。

また、真夏以外はコートが必要なくらい朝晩冷える国も多いので、出発前に現地のお天気や最適な服装をしっかりと確認してからご準備くださいね。

●置き引きやスリに注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

「治安が良い」と言われる国でもスリや置き引きには要注意です!

何かと忙しく疲れが溜まりやすい海外出張。電車やバスでの移動中、ついウトウトしてしまう気持ちもわかりますが、眠り込んでしまわないようにグッと我慢してください。

「電車の中で寝ていて、起きたらお財布やスマートフォンがカバンの中から無くなっていた」「横に置いていたはずのパソコンが入ったカバンが盗まれていた」なんていう話は、海外では決して珍しくありません。

またズボンのポケットにスマートフォンやお財布は絶対に入れないでください!カバンの中に入れていても、スリの標的とされるこれらの貴重品には細心の注意が必要です。

スリや盗難に遭ってしまったら後処理が大変ですし、仕事に大きな支障をきたしかねません。移動中も絶対に油断することなく、貴重品にはくれぐれもご注意ください!

また現地の治安情報などもチェックして、足を踏み入れない方が良いエリアなども事前にしっかりとチェックしておくことをお忘れなく。

●営業時間に注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

ヨーロッパでは日曜日や祝日には、スーパーも含め、町中のお店が閉まってしまうところも珍しくありません。「日曜日はお店が閉まってしまうことを知らなかったので、何も準備をしていなかった。買物が全くできなくて困った!」なんてことにならないよう、訪れる国の一般的なお店の営業時間や、訪れる町で日曜日や祝日も開いているお店やスーパーを事前にチェックしておくと安心ですね。

●靴に注意

はじめてのヨーロッパ出張で気を付けたい6つのこと

ヨーロッパでは石畳の道も多いため、出張期間中ずっと革靴やヒールだけでは大変です。お気に入りの靴やヒールを傷めないためにも、足の疲れ対策のためにも、移動用や仕事後・休日用に歩きやすいカジュアルな靴を1足持って行くことをおすすめします。


ここでお伝えしたことは出張だけに限らず、ヨーロッパ旅行時にも通ずることばかりです。では気を付けて、いってらっしゃい!



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★海外出張の航空券、ホテルの手配はお済みですか?★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り