DeNAトラベル 法人デスクブログ

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

2016年10月19日

「海外に行くと日本食が恋しくなる」という方も多いのではないでしょうか。体や心のコンディションにも大きく影響する食。日本食が恋しくなった時に、手軽にホテルの部屋などで日本食が食べられると、ほっと落ち着いた気持ちになることでしょう。

そこで今回は海外出張時に持って行きたい、ホテルのお部屋でも気軽に楽しめる調理不要な食材をお伝えします。

●インスタントの味噌汁

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

「お味噌汁を飲むとほっと心が落ち着く」という人も多い、日本の食卓に欠かせないお味噌汁。お湯を注ぐだけであっという間、簡単に食べることができるインスタント味噌汁は海外出張で頑張るあなたの強い味方になってくれるはず。海外で飲むお味噌汁はいつもより、より一層おいしく感じられることでしょう。

●海苔や梅干し

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

スーパーなどで調理済みの白米が手に入るような国であれば、海苔や梅干しを持って行くのも一案。「毎日外食続きで胃が重たいな・・・」そんな時は白ごはんに梅干しやのりでさっと済ませると胃を休めることができます。これに温かいお味噌汁があれば完璧ですね!

●お茶漬けの素

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

日本と異なる種類のお米が主流な国では「調理済みの白米は手に入るけれど、パサパサしていてあまりおいしくない・・・」と現地のお米が口に少し合わないという方も。

そんな時はお茶漬けの素があれば、パサパサのお米もさらっとおいしく頂くことができますよ。

●フリーズドライの食べ物

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

お味噌汁のみならず、様々な種類のスープやにゅうめん、炊き込みご飯、丼ものやおかゆなどのご飯ものまで、最近は実にいろんな種類の商品が揃うフリーズドライ食品。お湯を注ぐだけで簡単においしい日本の味が楽しめるフリーズドライ食品は、インスタントのお味噌汁だけではちょっと物足りないという方にもおすすめです。

フリーズドライのご飯(白飯)も販売されているので「海外でもおいしい日本のお米を気軽に楽しみたい」という方はぜひチェックしてみてくださいね。

●お茶

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

日本のビジネスホテルでは客室にティーバッグがサービスで置かれていることが珍しくありませんが、海外ではないこともしばしば。冷えた体を温めてほっと一息つけるように、緑茶などのお気に入りのティーバッグを持って行きましょう。

●粉末スポーツドリンク

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

夏バテ防止や、万が一体調を崩してしまった時に大活躍してくれるのが、粉末タイプのスポーツドリンク。ペットボトルの水にサッと混ぜるだけでスポーツドリンクに早変わりします。

●のど飴

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

甘すぎたり、独特な味がしたり、海外では日本人好みのキャンディーになかなか出逢えないことも。のどの乾燥が気になる時やちょっと口が寂しい時、普段食べ慣れたお気に入りの飴を口に含んで、ほっとひと息つきましょう。

●お菓子

持ってきてよかった!海外出張に持参したい食材8選

おかきやおせんべい、あんこを使った和菓子など、日本ならではのスナックは、一息つきたい時に元気をくれるアイテム。もし余ったら、現地の方や現地に長期間滞在している日本人にプレゼントすると喜ばれることもあるので、持って行って無駄になることはあまりないでしょう。



最後にひとつ。
インスタントのお味噌汁やフリーズドライ食品を食べる時はお湯が必要となりますよね。海外のホテルでは湯沸かし器がお部屋に設置されていないことが多いのですが、お湯が必要な時はフロントにお願いすれば部屋に持って来てくれることがほとんどなので、わざわざ旅行用の湯沸かしポットを持って行く必要はないでしょう。
ですが、お水の衛生面が気になる国に行く時や、いちいちフロントにお願いするのが煩わしく感じる方は持参するといいかもしれません。



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★海外出張の航空券、ホテルの手配はお済みですか?★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り