DeNAトラベル 法人デスクブログ

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

2016年09月14日

ビジネスシーンでも非常に重要な第一印象。ビジネスシーンで初対面の方と必ず行うことといえば「挨拶」と「名刺交換」ですよね。相手に好印象を与えるポイントは様々ですが、今回は特に海外の方と初対面の挨拶をする際に相手に好印象を持ってもらえるポイントをお伝えします。

●いきなり名刺を差し出さない

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

日本のビジネスマンが注意したいのが名刺を渡すタイミング。日本では初対面の方と会ったら、まずはお辞儀をして名刺交換、そして自己紹介・・・という流れが一般的ですが、海外ではまずは何よりも名乗りながら握手をするのが一般的です。

初対面の方と会ったらまずは握手。それから自己紹介をして少し会話を楽しみましょう。名刺の交換はお互いに自己紹介が終わってから、また場合によっては商談の最後に行われることもあります。

●握手はしっかりと

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

「名刺交換よりもまずは握手」と述べましたが、握手をする際に非常に大切なポイントがあります。それは、相手の目を見ながら手をしっかりと握ること。相手としっかり目を合わせない握手や、ただ手を差し伸べるだけのような握手では「なんだか信用できない人だ…」と相手に悪印象を与えてしまうこともあります。

ただし、なかには男性が女性に握手を求めるのはマナー違反とされる国もあるので、迷った時は相手の女性が握手を求めてくれるまで手を差し出さない方が無難かもしれません。

●相手の名前の発音を確認する

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

相手の名前を覚えることはコミュニケ―ションの基本ですよね。ですが、海外の方の名前の中には発音が難しく「うまく聞き取れなかったけれど、あとで名刺を見てしっかりと覚えよう」と思っていても、頂いた名刺に記された名前を見るだけでは発音が分からないこともしばしば・・・。

日本人の感覚では「相手の名前を何度も確認するなんて失礼なんじゃないか・・・」と思ってしまうかもしれませんが、むしろ相手の名前を正確に知り覚えようとする姿勢は好印象を与えてくれることも。後々改めて聞きづらい相手の名前だからこそ、初対面のうちに発音やアクセントの位置をしっかりと確認しておきたいですね。

●名前を覚えてもらう努力をする

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

相手に好印象を与えることも大切ですが、良い第一印象から次につなげるためには、とにもかくにもまずはあなた自身のことを覚えてもらう必要があります。そのためには、相手にもあなたの名前を覚えてもらわなければなりません。

日本人にとって海外の方の名前の発音が難しいように、海外の方にとって日本人の名前は難しくて覚えるのに苦労するということも。海外の方が発音しにくい名前や、長くてなかなか覚えてもらえない名前はできるだけ短く、簡単にして伝えてみてはいかがでしょうか。

例えば“Tomomi”さんというお名前。日本人には難なく覚えられる素敵なお名前ですが、海外の方にとっては発音が難しく感じることもあるのだとか。そんな時は”Call me Tomo(トモと呼んでください)”という風に、短くて覚えやすく簡単に発音できそうなニックネームを伝えてみるといいでしょう。

●適度なアイコンタクトを心がける

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

日本では「相手の目をじっと見るのは失礼」とされる文化がありますが、海外、特に欧米ではその逆。むしろ相手の目を見て話ができないと「信用できない人だ」と思われ、一生懸命話してもインパクトに欠けてしまうことも。特にはじめの自己紹介の時は、しっかりと相手の目を見て、笑みを浮かべ、力強い握手をしながらの挨拶を交わしましょう。

●笑顔を大切に!

【海外出張】相手に好印象を与える、名刺交換のポイント&マナー

最後に、相手に好印象を与える世界共通のポイント、それは素敵な笑顔です!
外国語があまり流暢ではなく、うまく話すことができなくても、笑顔が素敵な方は自然と好印象を持ってもらいやすいものです。



以上いかがでしょうか?
どれもちょっとした心がけで誰でも簡単にできるものばかり。
ぜひ頭の片隅に置いて活用していただけば幸いです。



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★海外出張の航空券、ホテルの手配はお済みですか?★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


カテゴリー: 旅のハウツー

ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り