DeNAトラベル 法人デスクブログ

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

2016年06月15日

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

どこの国にも、その国独特のビジネスでの決まりや文化があるもの。日本人と仕事をする外国人が不思議に感じている日本のビジネス事情とは一体何でしょうか?

それでは早速見てみましょう!

●名刺を崇拝する

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

日本のビジネスシーンで非常に大切にされる名刺。日本では「相手から頂いた名刺は、相手自身と同じように丁寧に扱うべきだ」とも言われますが、このような‟名刺崇拝文化‟は日本独特のもの。初対面の方と会ったら、まずはお辞儀をして名刺交換・・・という光景は日本のビジネスシーンではあたりまえですよね。ですが海外では、まずは何よりも名乗りながら握手をするのが一般的です。

握手をせずにペコペコ頭を下げながら名刺交換をはじめる日本人ビジネスマン。そんな様子を初めて見る海外の人の目には非常におもしろい光景に写るのだそう。一方で、たまに「渡した名刺にメモを書かれた・・・」とびっくりする日本のビジネスマンがいますが、それは相手が日本のビジネス文化をよく知らないだけ。悪気があってしているわけではないので、どうか気分を悪くなさらないでくださいね!

●メールが長い

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

「日本人のメールはどうしてこんなに長いの?」「要点をまとめればほんの数行で済むのに、まるでエッセイみたいな長さだ」。これも海外のビジネスマンからよく聞く「日本人ビジネスマンの不思議な生態」のひとつ。

「お世話になっております」や「お疲れ様です」や季節の挨拶から始まり、メールの締めくくりは「何卒よろしくお願い申し上げます」など、相手への挨拶や気遣いが詰まった日本人のメール。そんな日本ならではの細かい気遣いは素敵だと思いますし、相手によってはそれを抜かしてしまうと「そっけない」「冷たい人だ」という印象を持たれてしまうかもしれません。ですが、海外のビジネスマンには、それがまどろっこしく感じる人も。相手がメールを簡潔に書く人なら、要点だけまとめてシンプルな内容で送ってしまってもいいでしょう。そうすれば時間の節約にもなり、より効率的ですものね。

●「手書き」の履歴書

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

日本では手書きの履歴書が一般的ですよね。ですが、海外ではパソコンで入力してプリントアウトする履歴書が一般的。1枚1枚書く必要がなく、何通でもプリントアウトして送付することができるため、かなり効率的です。そのため「日本人はどうしてこの時代に、手間のかかる手書きの履歴書にこだわるのか?」と疑問に感じるのだそう。また日本では履歴書に顔写真を貼るのがあたりまえですが、海外では貼らないことが一般的になりつつあります。これは写真から外見や人種を判断される事を防ぐためなのだとか。

日本の会社が今でも手書きの履歴書にこだわる大きな理由のひとつは「熱意のある志望者を選定するため」と言われています。何枚でも簡単にプリントアウトできる履歴書と異なり、手書きのものは時間と労力がかかるため「とりあえず送っておこう」と考える応募者を振り落とすことができると考えるためだそうです。

あなたは手書き、プリントアウト、どちらの履歴書が良いと思いますか?

●ハンコ文化

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

日本人にとって、身近な存在である印鑑。日常生活はもちろん、ビジネスシーンでも印鑑を使うことがよくありますよね。一方海外は「サイン文化」の国が多く、印鑑を使うことは稀。書類にもサインをすることはあっても、ハンコを押すことは滅多にありません。

重要な書類、銀行や荷物の受け取り時に、何かの証明時に印鑑を押す「ハンコ文化」の日本は、海外の人々の目には特異に見えるそうです。ですが、なかにはそんな日本のハンコ文化を「クール!」だと感じる外国人の方もいるそうで、ハンコ文化に魅せられた彼らは日本で印鑑を記念に作って帰るのだとか。最近は外国の名前であっても、アルファベットやカタカナでハンコを作れるそうなので、海外の方へのプレゼントにも喜ばれるかもしれませんね。

●FAXを未だに使っている

海外で不思議がられる日本人のビジネス事情

世界的にも「世界の先端を走るハイテク国」としてのイメージが強い日本。ですがそんなハイテクな国にも関わらず、電子メールが普及した現代社会で未だにファックスがビジネスシーンでも日常的に使われている日本の様子を、海外の人々は不思議に感じるのだとか。実は海外の先進国のほとんどでFAXはほとんど使われていないのです。



このように海外目線で見ると、日本独特の不思議なビジネス文化や習慣がまだまだたくさんありそうですよね。確かに、なかには一見「非効率」と思われる習慣のものもありますが、それが未だに根強く残っている理由を探れば、日本人のおもしろい独特の考え方が見えてきたりします。「効率の良さ」「現代らしさ」を求めるのも良い事ですが、日本独特のビジネス文化も大切にしてゆきたいですね。



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★海外出張の航空券、ホテルの手配はお済みですか?★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


カテゴリー: 豆知識

ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り