DeNAトラベル 法人デスクブログ

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

2016年06月22日

いつもと違う環境に1日中身を置くことになる出張。 「出張中はいつもよりも疲れが溜まりやすく・・・」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、出張中に疲れを溜めずに元気に乗り越えるためのヒントをお伝えします。

●スケジュールに余裕を持たせる

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

言うまでもないかもしれませんが、できるだけスケジュールには余裕を持たせるようにしましょう。無理なスケジュールを組むと体力的にもキツイですが、精神的な負担も大きいもの。慣れない土地・場所での仕事となれば尚更です。電車や飛行機の遅れなど、不測の事態にも十分に対応できるくらいの余裕を持つことができるスケジュールを組みたいですね。

●目的地より少し離れた所に宿をとる

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

宿と仕事場(目的地)の距離が近ければ近いほどうまく気分転換ができず、出張中仕事漬けの気分になりがち。

ハードなスケジュールの出張なら、宿は仕事場のすぐ側に取るべきかもしれませんが、余裕のある出張であれば、目的地よりも少し離れた場所の宿を選ぶのも一案。宿から目的地までの距離が少し離れていると、移動中にリフレッシュすることもできますし、途中素敵なお店を見つけるなど、おもしろい発見もあるかもしれません。

●バスタブ付きの部屋を選ぶ

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

特に海外出張の際に注意して確認したいのが、客室にバスタブが備わっているか否かという点。海外のホテルは、客室にバスタブがなく、シャワーだけというところが多いので要注意です。

3日くらいまでなら耐えられるかもしれませんが、長期の滞在となると毎日シャワーだけのバスタイムはかなり辛いもの。慣れない環境で疲れた体と心をほぐしてあげるためにも、やはりバスタブにゆったりと浸かりたいですよね。バスタブを希望する場合は、予約の際に必ずバスタブの有無のチェックをお忘れなく。

●歩きやすい靴を履く

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

いつもよりもたくさん歩くことが多い出張には歩きやすい靴はマストアイテム!特に女性は日頃ヒールのある靴を愛用されている方も多いと思いますが、歩きやすさを優先してできるだけフラットなものを選ぶことを強くおすすめします。

かかとの高い靴、歩きやすいフラットシューズで1日歩き回った後の疲れは雲泥の差。出張後にも疲れを持ち越さないためにも、体への負担が少ない歩きやすい靴をチョイスしましょう。

●おいしいものを食べる、など

出張中に疲れを溜めないための5つのヒント

何かとストレスが溜まりがちな出張中。その土地ならではのおいしいものを食べるのはストレス解消に大変効果的ですよね!栄養バランスなどを考えると毎食好きな物ばかり食べるのは考えものですが、1日の終わりや出張最終日など、頑張った自分へのご褒美に好きなものを楽しみましょう。ただし、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を・・・!



以上いかがでしたでしょうか?

どれもちょっとした心がけで簡単に取り入れられるものばかり。
それでは出張、お気をつけて行ってらっしゃいませ!



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★海外出張の航空券、ホテルの手配も疲れを溜めず丸投げで★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


カテゴリー: 旅のハウツー

ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り