DeNAトラベル 法人デスクブログ

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

2016年04月27日

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

海外出張時に避けられない飛行機の手荷物検査。

ほとんどの方が「液体は機内持ち込みに制限がある」ということはご存知だと思いますが、思いもよらない意外なものが手荷物検査に引っかかることも。

今回は、うっかりカバンに入れてしまいがちなものから、機内持ち込みできないもの、検査で没収される可能性のあるものを集めてみました。

●メイク類

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

女性の方に特に注意していただきたいのがメイク類。長時間のフライトではお肌に負担をかけないためにも「機内ではほぼすっぴん。着陸前にメイクを済ませる予定」という方も多いのではないでしょうか。

厳密にはリキッドアイライナー、リキッドマスカラ、リキッドファンデ、ジェル状リップグロス、マニキュアなどもすべて“液体物”とみなされます。検査の厳しい空港では、これらすべてのメイク道具も透明のチャック付きの袋に入れておかないと検査にひっかかってしまう場合も。

いつも使っているメイクポーチをそのままカバンに入れて持って行くと、ごっそり一式没収されることもあるので、くれぐれもご注意ください。機内で必要な分だけ小分けにして、メイクポーチは預け荷物に入れておくと安心です。

●グルーミンググッズや裁縫セット

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

出張中の身だしなみに役立つグルーミンググッズや裁縫セットも要注意!
裁縫セットの針はもちろん、糸切用や眉毛切用の小さいハサミ、爪切り、毛抜きなども没収の対象となる可能性があります。

●歯磨き粉

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

長時間のフライトではお食事の後、できれば歯磨きをしたいですよね。ですがペースト状の歯磨き粉も“液体物”とみなされるもののひとつ。できればトラベル用の小さなサイズのものを用意するか、わざわざ小さなサイズのものを買うのはもったいないという方はコンタクトケースなどに詰め替えて持って行くといいでしょう。

ちなみに、航空会社によってはエコノミークラスでもサービスのアメニティキットに歯ブラシと歯磨き粉が付いていることも。その場合は準備は不要ですね。

●ヘアジェル

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

男性が没収されるもので特に多いのがヘアジェルやヘアクリーム、ワックスなどの整髪剤。「液体じゃないから大丈夫」と思っている方が多いようですが、これらも“液体物”とみなされます。
機内で必要な方は、小さな入れ物に詰め替えてゆき、本体は預け荷物に入れておきましょう。

●ライター

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

特に愛煙家の方に気を付けていただきたいのがライター。一般的に機内に持ち込むことができるライターは「使い捨てライター」のみと考えておく方が無難です。ZIPPOなど、吸収剤(綿)入りのオイルライターも持ち込み可能とされていますが、一部の空港では没収の対象となることも・・・。

「お気に入りのZIPPOライターを没収されてショックだった」なんて声も耳にするので、使い捨てライター以外はお家に置いていくことをおすすめします。使い捨てライターなら、万が一没収されてもダメージが少なくて済みますものね。また、持ち込みできるライターはひとり1個のみです。

●その他

これもダメなの?機内持ち込みNGの意外なモノ5選

その他意外なものとしては、ボールペンや金属製の定規、メイク道具のビューラーなども没収されたという例があるのだそう。



思いもよらないものが規制の対象とみなされる場合があるので、残念な思いをしないためにも、お気に入りのものは海外出張には持って行かず、お家に置いて行く方が無難ですね。



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


★機内持ち込みをチェックしたら、早速航空券&ホテルのご予約を★
>>> 【検索不要】無料の見積り依頼をしてみる <<<


カテゴリー: グッズ,旅のハウツー

ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り