DeNAトラベル 法人デスクブログ

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

2016年01月06日

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

だんだんと寒さが厳しくなってきましたね。ただでさえ外に出るのがつい億劫になってしまう季節なのに、これから普段住んでいる所よりももっと寒い雪国へ出張・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「とても寒いことはわかっているけれど、実際にどんなものを用意してゆけばいいのかわからない」という方のために、持って行くときっと役に立つ8つのものをお伝えします。

●ダウンコート

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

まずはコート。冬の出張でこれを忘れる方はまずいないと思いますが、お洒落でも重たいコートよりは、軽くて暖かいダウンコートがおすすめです。ダウンコートだと雪や雨が降りかかってもサッと拭けばすぐに乾きますし、長時間着ていても肩が凝りません。

もちろん服装を含めた印象はとても大事ですので、デザインも無視はできませんが、最近はビジネスシーンにも合うものがたくさん売られています。選ぶ際は、取り外しができるフードがついたもの、そして丈が長いものがおすすめです。

●マフラー、手袋

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

コートの次に大切な防寒グッズといえばマフラーと手袋。 首周りにはたくさんの太い血管が通っているため、首元を温めることによって体を効率よく温めることができます。

手袋は、風を通さないことはもちろん、雪や水に濡れても中まで浸透しにくい防水機能も備わったものがおすすめです。

●温かい靴

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

「首周りを温める効率よく体を温めることができる」と述べましたが、首だけではなく、手首や足首を温めることも大切。“首”がついた部分を温めるように心がけてください。首はマフラー、手首はマフラーでカバーできますが、足首を温めるには暖かい靴が必須。デザイン性も重要ですが、できるだけ暖かくて滑りにくい靴を選ぶようにしましょう。それから、暖かい靴下もお忘れなく!

●耳あてやイヤーウォーマー

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

首、手首、足首の他に温めたいのが耳。耳を温めると、体がぽかぽかしてくるのが実感できるはずです。帽子やフードを被るだけでもかなり体感温度が異なりますが、耳あてやイヤーウォーマーを利用するともっと温かく感じます。

また帽子と異なり、耳あてなら髪型が大きく崩れる心配もありません。ただし耳あてをすると周りの音が聞こえづらくなるので、装着時は周囲にしっかり注意を払いましょう。

●吸水タオル

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

コートや鞄が雨や雪で濡れた時に何かと便利な吸水タオル。1枚鞄の中に入れておくと、きっと活躍してくれるはずです。また、タオルよりも乾きが早い手ぬぐいも便利ですよ。

●ヒートテックのアンダーウェア

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

寒さから体を守るためにはアンダーウェアにもこだわりが必要です。おすすめは薄くて暖かいヒートテック。シャツはもちろん、ヒートテックのレギンスも取り入れて、上下完全防備しましょう。

●ティーバッグのお茶

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

日本のビジネスホテルでは客室にティーバッグがサービスで置かれていることが珍しくありませんが、海外ではないこともしばしば。冷えた体を温めてほっと一息つけるように、お気に入りのティーバッグを持って行きましょう。湯沸し器も部屋に設置されていないことが多いですが、お湯が必要な時はフロントにお願いすれば部屋に持って来てくれますよ。

●ハンドクリームやリップクリーム

雪国への出張 きっと役に立つ8つの持ち物

肌が乾燥しやすい冬。気がつけば手がカサカサで、書類がうまくめくれない・・・なんてこともしばしば。男性の方もハンドクリームやリップクリームを鞄の中に入れて持ち運ぶことをおすすめします。



あと、使い捨てカイロもお忘れなく!日本ならコンビニでも買えますが、海外ではなかなか手に入りません。特に寒さが厳しいヨーロッパへの出張にはぜひ持って行きたい必須アイテム。

出張中風邪を引かないよう、どうぞお気をつけて行ってらっしゃい!



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


カテゴリー: グッズ,旅のハウツー

ページトップへ

03-3563-6206 050-5893-9363
Webスピード見積り