DeNAトラベル 法人デスクブログ

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

2015年12月02日

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

普段何気なく使うカタカナ語を英語だと思って使ったら、実は和製英語で通じなかった・・・という話をよく耳にしますよね。

そこで今回は、ホテルで見かける定番の和製英語から、ホテルでのアクシデント時に使ってしまいがちな和製英語まで、きっと覚えていると役に立つ和製英語を8つお伝えします。

●フロント

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

日本ではすっかりお馴染みのホテル用語「フロント」。ですが英語でホテルの「フロント」は”front”ではありません。誰かと待ち合わせの約束をする時「フロントで会いましょう」と言うつもりで “Let’s meet at the front”と伝えてしまうと、正面玄関(front gate)と勘違いされてしまう可能性が・・・。英語で「フロント」は”reception”または” front desk”です。

●モーニングコール

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

日本のホテルや旅館でお馴染みの「モーニングコール」。これも和製英語です。

「明日の朝は大事な商談がある・・・。間違いなく起きられるように6時にモーニングコールをお願いしよう」、そう思って‟I’d like a morning-call at 6:00 ‟と言っても、恐らくスムーズに伝わりません。モーニングコールは英語で”wake-up call”。6時に‟モーニングコール‟をお願いしたい時は‟Could I get a wake-up call tomorrow at 6:00? ‟と伝えましょう。

●コンセント

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

コンセントが見当たらない!そんな時つい‟Where is the consent? ‟と言いたくなりますが、ネイティブスピーカーには通じません。英語で‟consent‟は「同意」や「承諾」という意味。「コンセント」と言っても、キョトンとした顔をされることでしょう。「コンセント」はアメリカ英語では‟outlet‟、イギリス英語では‟socket‟です。

●クレーム

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

すっかり日本でお馴染みの単語「クレーム」ですが、英語の”claim”が持つのは「主張する」という意味。いわゆる苦情を訴える際の「クレーム」は”complaint”です。「苦情があるのですが・・・」「クレームを言いたいのですが・・・」は” I'd like to make a complaint”となります。

●エアコン/クーラー

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

「エアコン」「クーラー」は英語で”air conditioner”。 「エアーコンディショナー」が省略されて「エアコン」になってしまった模様。また”cooler”という英単語が存在しますが、冷却用容器や保冷箱のことを意味し、日本人がイメージする「クーラー」とは別物です。

●バイキング

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

日本では食べ放題の食事のことを「バイキング」と言いますが、英語ではそのような食事のことを”buffet”と呼びます。英語で”viking “は北欧の海賊、あるいは”biking”はサイクリングのことを表すため、「朝食バイキング」というつもりで”viking breakfast”と言うと、「えっ?何だって?」と、きっと怪訝な顔をされてしまいますのでご注意を・・・。

●ビジネスホテル

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

出張の強い味方「ビジネスホテル」。とにかく安く泊まりたい時には便利ですよね。そんな日本ではお馴染みの「ビジネスホテル」ですが、英語では”business hotel”ではなく“budget hotel” や “cheap accommodation”と言います。一般的に海外で“business hotel” と言うと、ビジネス用の会議室や大きなイベントホールなど、充実した施設を備えている高級ホテルと勘違いされる可能性も・・・。「宿泊費を抑えたくてビジネスホテルに泊まっているんです」と伝えるつもりで”I’m staying at a business hotel”と言うと「いいなあ、出張で立派なホテルで泊まれるなんて!」と羨ましがられるかもしれませんよ。

●インキー

うっかり使ってしまいそう! 海外で通じない和製英語8選【ホテル編】

オートロックの部屋で、うっかり鍵を部屋の中に置き忘れて閉め出されてしまった…。こんな時英語で何と伝えますか?”I’m in key”と言ってもネイティブには「私は鍵の中です」と聞こえるだけ。きっと、不思議な顔をされることでしょう。「インキー状態になってしまった」を英語で言うと“I’m locked out”または“I’ve locked myself out”。日本語に訳すと「閉め出されました」という意味です。



以上いかがでしたでしょうか?

うっかり使ってしまいそうな単語はありませんでしたか?何かと使うことが多い単語だと思うので、ぜひ覚えていてくださいね。



[Photo by shutterstock.com]
(小坂井真美)


カテゴリー: 旅のハウツー,豆知識

ページトップへ

03-6478-8540 050-5893-9363
Webスピード見積り